FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
24:ありがとうございました【著者】 by 河野英太郎 on 2013/01/10 at 05:52:29

99%の人がしていない、たった1%の仕事のコツ、著者の河野です。

読んでいただき、ありがとうございます。
また、大変心強いコメントもありがとうございます。

自分の意図が読者の方に伝わっている、と感じる瞬間が
著者としてもっともうれしいときです。

引き続きよろしくお願いいたします。

河野英太郎

25:こちらこそ、感謝しています(笑う) by Ishida Futoshi on 2013/01/10 at 21:20:03

ご丁寧にありがとうございます。

ちょうど今、明日からのミーティングで「報連相のコツ」の勉強会のネタ作りをしているところでした。
「自信があるようにふるまう」…何で/何故ならばこんなメリットがあるから。
「聞かれたことにこたえる」…上司は意外と忙しい/自分の結果から逃げない

落としどころは、「とりあえず」ではなく「まず」と言ってみる!

どうしたら社員が面白がって私の話を聞いてくれるか・・・

今そんな気持ちで毎日過ごしています。

本当に面白い本をありがとうございました。

河野さんのご健勝をお祈り申し上げます!




> 99%の人がしていない、たった1%の仕事のコツ、著者の河野です。
>
> 読んでいただき、ありがとうございます。
> また、大変心強いコメントもありがとうございます。
>
> 自分の意図が読者の方に伝わっている、と感じる瞬間が
> 著者としてもっともうれしいときです。
>
> 引き続きよろしくお願いいたします。
>
> 河野英太郎

河野英太郎さん/99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

『まじめ』と『みじめ』は一字の違い
はき違えた「まじめ」さは、その人の誠実な本質に反して「みじめ」な結果をもたらします

「まじめ」に対する考え方を少しだけ変えてみませんか
著者はそれを「1%のコツ」と表現しています

WHAT(この本をひと言でいうと)
仕事のスキルを瞬時に上げる87のコツを8つのカテゴリーに分類して教えてくれます

1.報連相のコツ
2.会議のコツ
3.メールのコツ
4.文書作成のコツ
5.コミュニケーションのコツ
6.時間のコツ
7.チームワークのコツ
8.目標達成のコツ

当該書籍は新入社員の必読書と言われています
しかしリーダー・管理職が読んでも凄く面白い本です

今回はオジサン管理職の視点で読んでみたいと思います

IMG_1095.jpg

1.「とりあえず」ではなく「まず」と言ってみる

「まず」これをします。「次に」こうします
「まず」ということで次のステップを意識するようになります
継続すると、その場しのぎではない解決するための思考回路が備わります


「これどうしますか」と聞かれたら「『まず』こうします」と言う/p30


「とりあえず」は結論を先延ばしにする場合で、責任を回避するために使います

「とりあえず」これやっておいてと指示するときの上司の心情
上司はその業務の本質を理解しておらず、
自分の身に降りかかる責任を回避するため、
部下に表面つらの形だけの仕事を頼みます。

そんな時に、つい、取り敢えず~しておいて・・・
と言ってしまうのです


2.「あいつ使えない」は敗北宣言と考える
「あいつ使えない」という表現は「あの人は役に立たない」という意味ではありません
私にはあの人を使う能力がない」という意味です!
「あいつ」を指差した手の指のうち3本分は自分に向かっています

「あいつ使えない」という言葉を封印しましょう

発想の転換
あいつを使える能力を身に着けましょう
他責にしても解決しません
自分の問題として考えましょう/P157

振り返ってみました
言葉にしていなくても、「あいつ使えない」と思うことがあります
・自分の思うように動いてくれない
・失敗した尻拭いをしなければいけない
・根本的な営業センスがない

評論家になっていました・・・楽なんです、評論するのは・・・

人生は短い、評論するよりプレイヤーになりましょう
わからないのは相手の理解力がないからではなく、自分の説明能力が未熟だから

修行です・・・(笑う)
よかった、今気が付いて


3.今から「でも」はじめる
一歩踏み出せないのは、今の自分に必要ないからです
本当に必要になったら自然に足が動くでしょう
やりたくなった時が必要な時です/P175

どうしてもやりたくて、やる価値があると思えば、始めるのに遅すぎることはありません
今この瞬間が、人生で一番若いのですから

死ぬときに後悔する一番の要因は「~をしなかったこと

やらないで後悔するなら・・・


よし、始めよう!


凄く元気になりました
河野さん、ありがとうございました



【Amazon】
99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ

【楽天】
【送料無料選択可!】99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ (単行本・ムック) / 河野英太郎...


追伸:この本は、若手社員必読です

これを実践してくれる社員は絶対評価されます

※評価されることだけが大切なのではありません
自分が何をしたいのかを明確にしていくことが重要です
しかし、現時点で評価されない人は次のステップに行けません・・・
さっさと評価される人間になりましょう

これを実践しても評価されない人は?
大丈夫、凄いやつです。

自分の気持ちを信じて頑張っていきましょう
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
24:ありがとうございました【著者】 by 河野英太郎 on 2013/01/10 at 05:52:29

99%の人がしていない、たった1%の仕事のコツ、著者の河野です。

読んでいただき、ありがとうございます。
また、大変心強いコメントもありがとうございます。

自分の意図が読者の方に伝わっている、と感じる瞬間が
著者としてもっともうれしいときです。

引き続きよろしくお願いいたします。

河野英太郎

25:こちらこそ、感謝しています(笑う) by Ishida Futoshi on 2013/01/10 at 21:20:03

ご丁寧にありがとうございます。

ちょうど今、明日からのミーティングで「報連相のコツ」の勉強会のネタ作りをしているところでした。
「自信があるようにふるまう」…何で/何故ならばこんなメリットがあるから。
「聞かれたことにこたえる」…上司は意外と忙しい/自分の結果から逃げない

落としどころは、「とりあえず」ではなく「まず」と言ってみる!

どうしたら社員が面白がって私の話を聞いてくれるか・・・

今そんな気持ちで毎日過ごしています。

本当に面白い本をありがとうございました。

河野さんのご健勝をお祈り申し上げます!




> 99%の人がしていない、たった1%の仕事のコツ、著者の河野です。
>
> 読んでいただき、ありがとうございます。
> また、大変心強いコメントもありがとうございます。
>
> 自分の意図が読者の方に伝わっている、と感じる瞬間が
> 著者としてもっともうれしいときです。
>
> 引き続きよろしくお願いいたします。
>
> 河野英太郎

Categories

an ad

comment

リンク

book

search

mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

target

Ishida Futoshi

Author:Ishida Futoshi
答えは相手の中にある

そんな普通のことがわかりました

力だけでは相手を動かすことができません

だから北風と太陽

相手が動きたくなる状況を作ること

こんなことが大切なのかもしれません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。