FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
29: by 西由記 on 2013/01/17 at 09:08:19

献本いいですよね。
書評Blog運営しているなら一度はされてみたいものです。

以前、献本の提案を受けたのですが
なぜか占いの本の献本だったので丁重に断りましたw

30:Re: コメントありがとうございます。 by Ishida Futoshi on 2013/01/17 at 22:52:18

コメントありがとうございました。

本当にそう思います。
私も献本を心待ちにしております(笑う)

31:管理人のみ閲覧できます by on 2013/02/02 at 21:53:00

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ブログ相互紹介&木山泰嗣さん/弁護士が書いた究極の文章術

このたび「『読書一覧ブログ』さんから、ブログの相互紹介をしませんか」との提案がありました。


あっ・・・そういう方法もあるのかと感心しつつブログを拝見いたしました。

経済から宇宙の本まで幅広く、わかりやすく紹介されていました。


なんで「わかりやすい」のだろう?

それは、一文が短いからだ・・・



そんなことを考えていたら・・・思い出しました!


以前読んだ木山 泰嗣さん/弁護士が書いた究極の文章術



【Amazon】
弁護士が書いた究極の文章術―誤解なく読み手に伝える書き方のヒント28

【楽天】
【送料無料】弁護士が書いた究極の文章術 [ 木山泰嗣 ]

【わかりやすい文章の秘訣】
基本的にすべての文が一行で終わるように意識する
・一行で終わらない文章は修正する方針をとる。
・一行で終わらないときは、削りに削る。
・複文はすべて単文にする。
・主語を省略しても意味が通じるときは、主語を省略する。
・それでも一行を超えるときは体言止めにする。
・伝えたい意味が伝わればいいので、同じ意味で別の表現を探す。
・伝わる意味が変わらないのであれば、余計な言葉はすべて削除する。
・その他あらゆる努力と工夫をこらして、一文を一行で終わらせる。

一行に一文だと凄く「わかかりやすい」

私も意識します(感謝)

という訳で、「読書一覧ブログ」さんのおかげで大切なことを思い出しました。

ありがとうございます。


「読書一覧ブログ」は2010年10月より運営を開始しています。

「読書ブログ」で最高6位を獲得
「人気ブログランキング」最高5位/600と人気急上昇中です。



ぜひ応援しましょう!

ご健勝をお祈り申し上げます。



尚、ブログの相互リンク・相互紹介要望の方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお待ちしております。



日本人の美学は共生
お互いに頑張って楽しく生きていきましょう

共生といえば・・・「にほんよいくに」

【Amazon】
にほんよいくに

【楽天】
【送料無料選択可!】にほんよいくに (単行本・ムック) / 葉室頼昭/著

日本人の本来の考え方、生き方を教えてくれる本です。

「自己利益」から「利他と共生」

これから縮小していく世の中で、凄く大切なことを教えてくれます(笑う)



献本も大歓迎です。
本気で紹介しますので、是非お待ちしております(笑う)

いつもありがとうございます。
是非ポチポチとお願いします。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
29: by 西由記 on 2013/01/17 at 09:08:19

献本いいですよね。
書評Blog運営しているなら一度はされてみたいものです。

以前、献本の提案を受けたのですが
なぜか占いの本の献本だったので丁重に断りましたw

30:Re: コメントありがとうございます。 by Ishida Futoshi on 2013/01/17 at 22:52:18

コメントありがとうございました。

本当にそう思います。
私も献本を心待ちにしております(笑う)

31:管理人のみ閲覧できます by on 2013/02/02 at 21:53:00

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Categories

an ad

comment

リンク

book

search

mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

target

Ishida Futoshi

Author:Ishida Futoshi
答えは相手の中にある

そんな普通のことがわかりました

力だけでは相手を動かすことができません

だから北風と太陽

相手が動きたくなる状況を作ること

こんなことが大切なのかもしれません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。