FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
35: by amuraba on 2013/04/23 at 01:56:33

こんばんわ。コメントありがとうございました。

10冊同時ってのは、けっこう大変そうですね。
まぁ、慣れの問題なのかもしれないですけど。。。

なんとなく、全く関連がないものよりも、
すこしだけ関連があるもののほうが、
相互理解が高まりそうな気がするんですけどね。

それとも、全く関係のないものから、
なんらかの関連を見出すところが、頭の体操なんですかね。。

成毛眞さん/本は同時に10冊読め!

Honzをご存知ですか?
超高感度の知的アマチュア書評集団です。

たまたま、マインドマップ的読書感想文というブログを見ていたら「HONZ」の田中大輔さんは面白い!という記載がありました。

開いてみたら 佐々木圭一さん伝え方が9割の書評でした。
   
自分でも書評を書いていたので興味を持ちました。

出だしは
ここだけの話、この本はめちゃくちゃいい本だ!めちゃくちゃいい本なんだな、これが!HONZ読者むきの本ではないけども、HONZの読者にもぜひ読んで欲しい!と思う素晴らしい本である。

田中さんは「伝え方9割」のテクニックを試しながら、本の紹介をしていました。

面白い!

「HONZ」って伝わると感じました。


ちょっと考えました・・・

HONZ向きじゃないとは、どんな意味があるのだろう?


他の人の記事も読んでみたら、これまた面白い!

私が書評を書く目的は「情報を簡潔に分かりやすく、聞いたら動きたくなるような伝播力を身に着けるため」です。

これは役立つものを見つけました!
さて、これで一話が終わります。


昨日、池袋のジュンク堂で「本は同時に10冊読め」と目が合いました。

この手の本はありがちなので無視しましたが、「本を読まない人はサルである!」との挑発に、つい手が出てしまいました。

ジュンク堂は素晴らしい、座って読むことができます(笑う)

読んでいるうちに「HONZ」のBOSSと言うことがわかりました。

本は10冊同時に読め!: 本を読まない人はサルである!

成毛 眞 三笠書房 2013-03-27
売り上げランキング : 80389
by ヨメレバ



36歳でマイクロソフト代表取締役社長就任。現在投資コンサルティング会社「インスパイア」の取締役ファウンダー。その他、スルガ銀行株式会社、株式会社スクウェア・エニックスの社外取締役などを兼職。早稲田大学客員教授も務める。書評サイト「HONZ」代表。産経新聞、週刊朝日、プレジデントなどに書評連載中。
10冊同時に読む「並列読書」のメリット

幅広いジャンルの本を同時に読み、異なるベクトルの情報を組み合わせる作業を繰り返す。
それによって、相手が話している話と自分がすでに知っている話を組み合わせて理解していくという作業が楽に自然に行えるようになっていく。
同時に、それをわかりやすいコトバに変換するための語彙力も高まってくるので、コミュニケーション能力が格段に上がる。
豊富な知識と語彙力、理解力とコミュニケーション能力が身に付けば、自頭がいいのと変わらない。

この人と話をしていると自分の考えが整理されていくような気がする。
この人に話せば話がどんどん生産的な方向に発展していく。
この人は話せば話すほどみるみる成長していく。

そんな印象を相手に与えることができるだろう。


並列読書とは、異なるジャンルの本を並行して読むことでベクトルの全く異なる情報を組み合わせていく読書法ですP139。

だから、並列読書をすればアイディアがあふれ出てくる。

これがわかっただけでもこの本を購入した意味がありました。

ちなみに、成毛さんの書評・・・凄く面白い!
しかも、どうしたらこんな本を見つけることができるのか?

猛烈にジャンルの違う本を読みたくなりました。

まずは川上和人さんを買ってみようと思います。

鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー)

川上 和人 技術評論社 2013-03-16
売り上げランキング : 2660
by ヨメレバ



成毛さんありがとうございました。
いつもありがとうございます。是非ポチポチとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
35: by amuraba on 2013/04/23 at 01:56:33

こんばんわ。コメントありがとうございました。

10冊同時ってのは、けっこう大変そうですね。
まぁ、慣れの問題なのかもしれないですけど。。。

なんとなく、全く関連がないものよりも、
すこしだけ関連があるもののほうが、
相互理解が高まりそうな気がするんですけどね。

それとも、全く関係のないものから、
なんらかの関連を見出すところが、頭の体操なんですかね。。

Categories

an ad

comment

リンク

book

search

mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

target

Ishida Futoshi

Author:Ishida Futoshi
答えは相手の中にある

そんな普通のことがわかりました

力だけでは相手を動かすことができません

だから北風と太陽

相手が動きたくなる状況を作ること

こんなことが大切なのかもしれません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。