FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

松下明弘さん/ロジカルな田んぼ/アグリでアートだ!

アグリカルチャーで新しい価値を創造する人がいます。

稲作で新しい価値?
常識を疑い、試して確認、改善する!
マニュアルがない世界、答えは現場にしかない。

全てに意味がある。
その意味を知れば、工夫の余地が生まれ、これまでにない新しい価値を創造できる。

これは良質なビジネス書です。

雑草はなぜ生えるのか、何のために耕すのか、なぜ田植えが必要なのか、慣行農業を疑い有機・無農薬で米を作り、巨大胚芽米「カミアカリ」を開発した男。

勤め人から29歳で専業農家に転業
名刺に「仕事・稲作。趣味・稲作。特技・稲作」と明記するほど稲作大好き!
笑顔炸裂、快男児!
日本一の「稲オタク」が贈る新しい農業のかたち。

ロジカルな田んぼ (日経プレミアシリーズ)

松下 明弘 日本経済新聞出版社 2013-04-09
売り上げランキング : 5565
by ヨメレバ


※慣行農業とは化学肥料農薬とを使うのが慣行、つまり「普通の農業」
 /国や県は慣行農業で農家を指導しています。
戦後食糧不足を解消した農薬と化学肥料。
雑草が生えない、しかも圧倒的な収穫増。
その時、農家は本当に喜び、日本国民は助かった!

そして、現在、「供給過剰」と「コメ離れ」で減反政策継続中・・・

農業は兼業が主流。

農協の指導とおりの稲作を行う。
確かに安定的にコメは取れる。


でも・・・田んぼを観察することもない・・・

化学肥料と農薬が、日本の農家から思考力を奪ってしまった!

しかも・・・

化学肥料・農薬の大量投入、ビニールで囲い、暖房を入れ・・・

過保護に育てられた作物は、ひ弱になる。
病害虫に弱いから、さらなる農薬が必要になる。
人間が介入し過ぎて植物の生命力を削いでいる。

人間が世話をしないと、作物は生きられない。
そんな関係が健全なはずありません。


行動力
松下さんは稲作に関するありとあらゆる本を読み、たくさんの有機農法の「稲作名人」に会いに行きました。
インターネットのない時代です。本を読んで興味を持ったら、出版社に取り次ぎを願い出るのです。
そもそも、その時代に有機農法をやっている人は気難しがり屋だったり、地元で煙たがられていたり、変人扱いされている人が多いので、教えてもらうのは大変だったようです。

確認
松下さんが岐阜県の名人に教えを乞いに行ったときの話。
名人は肥料に牛糞を使いません。
「何が問題だと思う?」と問われた松下さんは「牛を育てる時にホルモン剤を注射したり、構成物質を飲ませたりする。そういう成分が堆肥を汚染しちゃうからですか?」
「そりゃ、あるな。でも、大切なのはそこじゃない。牛屋さんだって早く処分したいから、牛糞はただでくれるんだよ。そこが問題だ。ただで手にはいりゃ、自分の田んぼに入れることが正しいのかどうか、誰も考えなくなっちゃうだろ」


この名人の田んぼは周囲を山に囲まれており、葉っぱなどの栄養分が大量に積み重なっています。
そこへ牛糞を入れたら、肥料過多になる。
何年か試して、入れない方がいいと結論が出たそうです。

つまり、「何でも確かめること」が重要です。



環境が変われば、農法も変わる。技術というのはそれくらい千差万別です。
だから、名人は「技術そのもの」ではなく「考え方」を教えてくれたのだと思います。

※ベストセラー作家 高橋政史さんの 100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わる も同じことを教えています。

100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わる

高橋 政史 クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 2013-04-15
売り上げランキング : 4678
by ヨメレバ

「スキル」(技術)よりも「考え方」、目的を明確にすることが大切です。


発想の転換
除草から抑草へ
農薬が体にいいわけがない。
農薬なしでは雑草だらけ。
発想の転換、除草しようとするから手におえない、最初から雑草が生えてこない環境を作ればいいじゃないかという抑草の発想


田んぼに水を張る理由って知っていますか?
土と空気を遮断するためだそうです。

土が空気に触れると「畑雑草」や「乾性雑草」と呼ばれる、乾燥を好む雑草が育ってしまう。
水を張れば、畑雑草は生えてきません。敵の数が飛躍的に減るわけです。
「水田雑草」や「湿性雑草」と呼ばれる、湿気を好む雑草だけを警戒していればいい。

100人を相手に喧嘩しても絶対に勝てないけど、相手を5人くらいに減らせば、勝ち目は出てくる。それこそ、アジアの先人たちが水田を選んだ理由なのです。
水を張ることで、畑雑草を抑草している。

では、水田雑草の方は、どう抑草すればいいのか?これが皆目わからない。
当時、「いかに農薬を使わず除草するか」と言う本はたくさんあった。ところが「雑草が生えない環境を作る」と言う発想の本は探した限り1冊もなかった。

仕方がないので、まずは敵の正体を知ろうと、水田雑草の生態を解説した本を読みまくりました。すると「雑草の種子が発芽するには、光、温度、水分、酸素が必要」と書いてある。
じゃあ、その発芽条件を奪ってみようと。逆転の発想です。


改善
試行錯誤しました。普通田んぼは15㎝程度の深さまでザックリ掘り起こしますが、松下さんは4~5センチ分だけを軽く耕します。結果「フワトロ層」が発生し完璧な抑草が実現できました。このくだりは面白い、是非読んでみてください。
自分の環境にあった改善が大切です。


この本はどんなビジネスにも応用できます(笑う)

例えば商人
なんで売れないのか、立地・客層に合った商品なのか、ディスプレイは、ポップは、説明は・・・
このエリアに宣伝して効果はあるの? 雑誌は? ネットは? メディアは?・・・
今このタイミングでどんな企画が当たるの、来月は?来年は?
そもそも本当にそれでいいの?

あそこの店が売れているから真似しようと考えても、前提条件が違うのです。
自分の立ち位置で、その位置でどうしたらいいか仮説を立て行動し改善していく。

マニュアルはありません。教科書があるとしたら売り場だけです
マニュアルはありません。教科書があるとしたらお客様の心の中だけです
マニュアルはありません。教科書を紐解くのはあなたです。

稲作と比べたら商売は楽なものです。
稲作は結果を出すのに半年かかりますが商売は結果がすぐにわかります。
時間軸との戦いが楽な分だけ、すぐに改善できるわけです。


なんで?・確認・改善

あとは情熱を持ち続けること!
これが新しい価値を創造する秘訣です

私は、「新しい価値」こそアートだと考えます。

ロジカルな田んぼ (日経プレミアシリーズ)

松下 明弘 日本経済新聞出版社 2013-04-09
売り上げランキング : 4389
by ヨメレバ


しかし、松下さんの個性と情熱は凄い!
とても面白かったです(感謝)

最後までありがとうございます。
是非ポチポチとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


追伸

昨日、江戸川区の篠崎にある熱い篤い本屋「読書のすすめ」に行きました。

誘惑に負けちゃいました・・・
IMG_1299.jpg

店先に籐のテーブルをセッティングしビールを出しているんですもの・・・

ビールの季節ですね!




ところで、本日の収穫


看板もない、宣伝もしない、入り口もわからない店に・・・
なぜ人は集まるのか?

これ凄く面白そう!

NEXT
買っちゃいました、志の輔
聴いちゃいました、志の輔

落語は「志ん朝」しか知らないど素人ですが、「絶対面白いから聞いたほうがいいよ!」と勧められてつい・・・

凄いよ、志の輔が一番いい時の一番面白い「しじみ売り」
もともと古典にあったらしいのですが、落ちが気に入らなくて志の輔さんがおちの部分を変えているそうです。

まあ、もともとも知らない私ですが(笑う)


志の輔らくごのごらく(3)「みどりの窓口」「しじみ売り」―「朝日名人会」ライヴシリーズ31
by カエレバ


すみませんでした。

軽い気持ちで「みどりの窓口」だけ聞いて大爆笑してBLOGを書きましたが・・・

「しじみ売り」を聞いて・・・

ボロ泣きしました。

「義理・人情と男の器量」

浪花節は聞くもんで、歌っちゃならねこの渡世・・・

と、教えられてきましたが、カッコいいんだ鼠小僧次郎吉


店長、ありがとうございました。








トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Categories

an ad

comment

リンク

book

search

mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

target

Ishida Futoshi

Author:Ishida Futoshi
答えは相手の中にある

そんな普通のことがわかりました

力だけでは相手を動かすことができません

だから北風と太陽

相手が動きたくなる状況を作ること

こんなことが大切なのかもしれません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。