FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

『ONE PIECE』と『相棒』でわかる!細野真宏の世界一わかりやすい投資講座

さて、アベノミクス
来ちゃいますよ! 投資ブーム。

儲け話は気になります。
皆がやると気になります。
指をくわえてみているか、振り回されて損するか

儲かる人は「ツイてる」人???

「ツイてる」とは知ってることby苫米地英人さん


元本割れが怖くて・・・
投資にはプロの情報が必要???
PER(株価収益率)・PBR(株価純資産倍率)って何???

こんなことが簡単に理解できたらうれしくありませんか?
やる、やらないは個人の自由、というよりも、株を通じて「仕組み」が学べる一冊です。
当該書籍は細野真宏SPCさんから献本していただきました。感謝

『ONE PIECE』と『相棒』でわかる! 細野真宏の世界一わかりやすい投資講座 (文春新書 914)

細野 真宏 文藝春秋 2013-05-20
売り上げランキング : 4973
by ヨメレバ


細野さんは予備校講師、経済解説者、そしてベストセラー作家です。
カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 日本経済編
経済書で日本初のミリオンセラー
カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 銀行・郵貯・生命保険編
カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 世界経済編
細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!
「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? ~世界一わかりやすい経済の本~ (扶桑社新書)
これ全てベストセラー1位。
細野真宏の世界一わかりやすい株の本
シリーズも記録的なヒットとなり、投資の教科書的存在。
本屋さんに行くと必ず一角を占めている凄い人です。
あっという間に読み切りました。

投資は素人、この本から何が学べるか・・・?
と思って読んでみましたが、経済の仕組みを分析したくなりました。


ワンピースの映画がヒットしました/P68
さて、利益を出したのはどの会社?


KEY WORDは制作委員会
/映画を作る際に「実際にお金を出した会社」
つまり、ワンピースの映画に投資した会社

映画のエンドロールの時に「制作委員会」として会社の名前が出ます。
フジテレビ、東映アニメーション、東映、集英社、バンダイ
投資金額が多い順に並んで出ます。

何で、この人たちは映画に投資したの?

映画をヒットさせ利益を勝ち取りたいから!

しかも・・・

TV局は映画がヒットすると、その映画を自分の局で放送できるメリットがある。
出版社は映画がヒットすると、単行本の売上が上がる。
玩具メーカーは映画がヒットすると、キャラクターグッズが売れる。

例えば、実際にアニメ制作している東映アニメーションが映画に投資しなければ、単に「製作費」をもらえるだけで、映画がヒットしても利益は受けられない。

投資しなければリターンはない・・・当たり前ですね。

・・・でも、映画がヒットしない場合もある・・・

そのためにも、「制作委員会」の仕組みが効果的

1社だけで映画を製作する場合、ヒットすれば利益は莫大、ヒットしなければ損失は莫大!

だから制作委員会の仕組みが効果的

複数の会社で投資を分散させることで「リスクを減らす」という意味合いもある。

ここから発展し、会社同士の多様な関係性をストーリー仕立てで教えてくれます。

世の中の事柄は、一見すると、それぞれの情報はバラバラに見えますが、「根本的な部分ではつながっている」ということがわかってきます。

世の中の仕組み、経済の仕組み、投資の仕組み。


視点を変えて読んでみてください。
個人の視点・企業の視点・投資家の視点。
たくさんのことに気付けます。

「よくできた本や映画は説明が難しい。つまり全文を引用したくなるわけで、説明するのも面倒だし、まあ黙って読めばいいじゃん」とHONZ成毛眞さんがおっしゃっていましたが、そのとおりの一冊。

それくらい、面白く、完成度の高い書籍です。

初心者にお勧めの本です。
続編、「実践・資産防衛編」も出るそうです。

細野さん、いつも面白い情報を分かりやすく教えてくれてありがとうございます。
最後までありがとうございました。

【DKJお勧め】
「ツキ」を引き寄せる洗脳術~自分を磨き上げる秘密のメソッド34~

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Categories

an ad

comment

リンク

book

search

mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

target

Ishida Futoshi

Author:Ishida Futoshi
答えは相手の中にある

そんな普通のことがわかりました

力だけでは相手を動かすことができません

だから北風と太陽

相手が動きたくなる状況を作ること

こんなことが大切なのかもしれません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。