FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

成毛眞さん/40歳を過ぎたら、三日坊主でいい。/新・ミドルエイジ論

数字で判断。
実力主義が生き残る道。

経営は効率。
価値を創造できる人材を集め、ロートルは整理整頓。

普通の経営者視点です。


家族主義、終身雇用が崩壊した時代。
目に見える成果だけが偏って評価される時代。

さて普通のビジネスマン。
特に40過ぎの体も頭も衰え始めたミドルエイジがこのような時代にどう生きるべきか!

この本は「どう働くか」より「どう生きるか」、
「仕事論」より「外の世界をいかに切り拓いていくか」という「脱力論」の提案です。

40歳を過ぎたら、三日坊主でいい。 新・ミドルエイジ論

成毛 眞 PHP研究所 2013-06-13
売り上げランキング : 9013
by ヨメレバ

【目次】
・「全力で」脱力系の生き方を
・逃げ切れない四十代・五十代
・ミドルエイジこそ軽やかに
・サイドビジネスを原動力に
・今から道楽を追い求めよ
・健康に無関心も神経質もNG
・ミドルエイジの「7つの武器」
☆30代にも決して他人事ではない刺激的な教えが満載!☆


40過ぎたら、「仕事が全て」という生活から、「外の世界を切り開く」ことにシフトしよう。
会社でストレスをためない。柳に風で受け流し、ニコニコ笑っていればいい。
仕事は一生懸命やっているふりをして、息を潜めて気力体力を温存する。

そして、自分の趣味やサイドビジネスに全力を注ぐ。
そのためには、とにかく何でもやってみて、それから考えよ!

つまらなかったら止めてしまえばいい。
だから、40歳を過ぎたら3日坊主でいい!

そんなことをして、自分が打ち込める何かを見つけることが出来たらOK
仕事では芽が出なくても、人生のどこかで芽が出ればいい。

仕事で成功することが人生の幸せだという価値観は、世の中が勝手に作り上げた幻想。

本当は、ほかの人とは違う人生を選べた時点で、自分の人生における勝者になる。
お金の多寡など、たいした問題ではないのだ。
これからの人生は思い切り脇道にそれ、今まで見たことのない景色を見て、今まで味わったことのない感動をとことん味わえば、最上のミドルエイジ時代を過ごせるだろう。


相変わらず、斬新な提案です。
生き残るために頑張るじゃなくて、自分でデザインした人生を楽しむ。

そのための考え方と方法論を提案しています。

私は「好奇心」と「道楽」と「二つ目の財布」でゆったり楽しいミドルエイジを満喫します。

成毛さんありがとうございました。
いつもありがとうございます。
是非ポチポチとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


真面目で正義感が強いだけのミドルエイジには、かなり刺激の強い書籍です。
自分の価値観が壊れるかもしれません。
でも、読んだら、何かが変わるかもしれません・・・

それ位、面白い書籍です(感謝)

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Categories

an ad

comment

リンク

book

search

mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

target

Ishida Futoshi

Author:Ishida Futoshi
答えは相手の中にある

そんな普通のことがわかりました

力だけでは相手を動かすことができません

だから北風と太陽

相手が動きたくなる状況を作ること

こんなことが大切なのかもしれません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。