FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

堀江貴文さん/ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた。そしたら意外に役立った。

「そもそも」「確認」「インスピレーション」で私は未来を手に入れる。

刑務所

この本は、堀江さんが刑務所内で読んだ本の話です。

インターネットで効率よく情報収集。
多くのチャンスは、情報の差によって生まれる。
誰よりも効率的な情報収集こそが、「誰にもできない未来」を自分のものにする方法なのだ。

と考える堀江さんが諸般の事情で「刑務所ナウ」になりました。
刑務所なう。

堀江 貴文 文藝春秋 2012-03-15
売り上げランキング : 8114
by ヨメレバ

規制だらけの環境では「情弱」になるのが当たり前。

インターネットがオフラインなので、仕方なく1000冊の本を読んだそうです。

本は、ウェブマガジンのようなニューメディアではなく、時間帯効率がよくない。
はずれを引いてしまうことによる1冊あたりの時間的損失は計り知れない。

という理由で本は読んでいなかったようですが、読んでみたら意外と役立ったそうです。

というより、刑務所という情報の壁の向こう側で、時間と戦いながらキュレーションした名作だから面白かったとのこと。

大事なことは「効率の良い選定」と「効率的な情報収集」

結果、仮釈放されても、以前以上のパフォーマンスで娑婆に復帰できたそうです。

本書は、その中の厳選した42冊の書評が書かれています。

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った (ノンフィクション単行本)

堀江 貴文 角川書店 2013-08-30
売り上げランキング : 51
by ヨメレバ



本の選び方
とんび (角川文庫) / トラオ 徳田虎雄 不随の病院王買っちゃいました。
面白そうな本がテンコ盛り、なぜこんな面白い本を見つけられるのか、

「読んでいる雑誌の書評欄は全部チェック。書評があまりないような雑誌に「掘り出し物」がある。例えば日経ビジネス・週間アスキー・HONZ等」
本好きが読む雑誌は、本好きが読みそうな本しか出てこない。

☆人が持ってない情報を得るためには、マニアックな書評があまりないような雑誌の書評をチェックする☆


そもそも
堀江さんは最近ロケット事業にご執心です。
その他作家、コラムニスト、評論家、ミュージカル・・・

そもそも人生で一つしか仕事をしない、自分の仕事が一種類しかないというのは、時代遅れではないだろうか?

たくさんの職業を経験し、多様なスキルが有機的につながって新しいイノベーションを作る。
これって、楽しくないか?

とにかくたくさんの「そもそも」が出てきます。

☆常識を疑う、俯瞰してみる、見方を変える☆


確認
「発信」/刑務所内から外に手紙を出す行為。
1枚当たりの文字数については、法律では「400字以上を認める」となっている。
長野刑務所のローカルルールでは「400字程度にしろ」となっている。
僕はできるだけ多く発信したかったので、最初は1200字ぐらい書いて、「字が小さいぞ」と怒られた。それで、次は600から800字ぐらいにした。
それは黙認してくれていた。
これが裏ルールになる。

常識だけでなく、法律、政令、条令、規範、ルール。
鵜呑みにして従うのでなく、あらゆる角度から行動して確かめる。
ボーダーラインを確認する。
全てにおいて裏ルールが存在する。
その他大勢が持っていない裏ルールの知識を身に着けたものだけが自由になれる。

☆行動し確認する☆


インスピレーション
情報を感情で受け入れるのでなく、どんなビジネスにつながるか考える。

情報が入ってきたら、すぐにビジネスモデルにしてアウトプットする習慣をつける。
「この技術があれば、こんなビジネスが可能かもしれない」と、条件反射的に考えていく。
そうして常に何かを「生み出す脳」にする。


☆目的を決め、自分に情報を入力したときに生まれるインスピレーションを形にして実行する☆


ポイント/行動力
いかに素晴らしいアイデアを思いついても、世界中で同じことを考えている奴なんていっぱいいて、そのことがインターネットで瞬時に共有される。
そうなると、アイデアそのものの価値は、限りなくゼロに等しくなっていく。

この状況で成功できるかどうかは、いかに早く、あるいはタイミングよく実装できるかどうかにかかっている。

躊躇している時間こそが致命的なロスである。

初めて堀江さんの本を読みました。
凄く面白かった。ありがとうございます。

私は「そもそも」「確認」「インスピレーション」そして行動力で楽しい未来を切り開いていきます。

いつもありがとうございます。
是非ポチポチとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

尚、サイドバーに堀江さんお勧めの本の一部を掲載しています。
興味のある方はご覧ください。

019.jpg

全286冊 本日処分
今年初めに180冊処分

今までありがとうございました(感謝)

今週中に、文庫1000冊処分予定。

捨てることから始めます。

過去にしがみついていたら、新しいエネルギーが入ってこないから。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Categories

an ad

comment

リンク

book

search

mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

target

Ishida Futoshi

Author:Ishida Futoshi
答えは相手の中にある

そんな普通のことがわかりました

力だけでは相手を動かすことができません

だから北風と太陽

相手が動きたくなる状況を作ること

こんなことが大切なのかもしれません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。