FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「視点」「立場」と「素人目線」/新しい価値を生み出したい人は「要CHECK!」/鈴木敏文さん/売る力

テーブルにいろいろな料理が並んでいる。
お腹が空いているときは、全部食べられるから、あまり好きではないものから食べ始めて、最後に好物をとっておこうと考えることもできる。
これに対し、お腹がいっぱいのときは、好きなもの、そして、目新しいものを選んで食べようとする。
いまはモノあまりで、お客様はお腹がいっぱいの状態にある。
だから、新しい価値を提供できるものしか売れない。

フルーツ
カフェ「トゥジュール」のオープン1周年記念の限定スイーツ



10月28日の日経MJに「ご褒美消費 好況前借り」というタイトルで「丸の内・大手町女子100人」の消費トレンド特集がありました。
「仕事で達成感があるときに」
「欲しいものを買ってしまった言い訳に」
「忙しい時に気分を上げたい」
理由は様々だが、自分に許すちょっとぜいたくな消費が「ご褒美」だ!


☆買いたいものはないけれど、欲しいものはある☆
「頑張ったから買っちゃおう!」
「賞与は減った。でも高額品」
「大丈夫、景気は良くなる」が4割/景気は気分ですから(笑う)


【時代を読む】
こんな気分を先取りしました。
セブンプレミアムでますます意気軒昂なセブンイレブン。



おでんもATMも宅急便も売上日本一
※今やどこが競合するかわからない時代!
このネタも始まりはPRESIDENT (プレジデント) 2013年 11/4号 [雑誌]でした。


鈴木社長は時代を見切りお客様の気持ちをつかむカリスマ経営者です。
鈴木社長は何故こんなにも「売る力」を持つコンビニを作ることができたのか。

「視点」「立場」と「素人目線」で新しい価値を創造し続ける



視点
北野武さんの面白さは、一発ギャグのような飽きられる笑いではありません。
今起こっていることをネタにして、それを自分の視点を通して、何か面白いことを言ったりやったりするから普遍的な笑いとなるのです。
笑いの視点が面白いから飽きられない。
しかも、インパクトのある新しいことをどんどん提供するので継続的に人気がある。
☆商売繁盛の秘訣は「お客様の立場」という視点と「新しい価値」を持った商品を提供し続けること☆


立場
「お客様のために」の言葉の裏に自分の都合・会社の都合が見え隠れします。
「お客様の立場」に立って物事を考える。
「自分・会社」ができる範囲で判断したのでは新しい価値は生み出せません。


素人目線
「誰が何をどんな視点で見るか」「その視点は時代を読んでいるか?」
そのために必要なことは素人目線。
時代の転換期。過去の成功も失敗も体験は一度捨て去る(成功は一日で捨て去れ (新潮文庫)

今を見て「必要とする人の立場」で考えると新しい価値が生まれる。

管理職になって月日がたつと前例主義になってきます。
改革主義の現場責任者も時とともに前例主義になってきます。
変えること、新しいことをするということは非常にエネルギーを消費します。

この本は、会社としても、個人としても、時代の転換期に生き残るための考え方を教えてくれます。

モノからコト デフレからインフレ そして平和で飽食な時代だから女性社会の確立

40過ぎた「迷えるオジサンサラリーマン」には大変な時代です(笑う)

流されている。迷っていることすら気がつかないオジサンは読んだほうが良いですよ!


☆トップが「お客様の立場でものを考える」というスタンスを取らなければ、この話は成り立ちません☆
「トップも判断を間違うことがあるから、本当にお客様の立場に立って良いと思ったら空気を読まずに進言しろ」と言われても凄いエネルギー使うし・・・


そんな気持ちの人は鈴木社長が過去に提案してみんなから反対された提案P82を是非読んでみてください。
これ読むだけで、770円の価値はあります(笑う)


「セブンイレブンの確固たる信念」
お客様にとっての「あるべき姿」をひたすら追求することです。
お客様にとって「当たり前」のことを、自分たちにとって不都合であっても当たり前に実践する。
そのため、売り手の立場で「お客様のために」と考えるのではなく、常に「お客様の立場で」考える。
お客様にとっての「当たり前」は常に変化するため「真の競争相手は同業他社ではなく変化する顧客ニーズである」と考え、絶えず変化に対応する。


「やり方」じゃなくて「考え方」
本当に面白い一冊です。



追伸
鈴木社長と対談した秋元康さん、佐藤可士和さんの話は無茶苦茶面白いです。
企画脳 (PHP文庫)
佐藤可士和の 新しい ルール づくり

鈴木社長、勉強になりました。
どうもありがとうございます。

最後までありがとうございました。
是非ポチ・ポチとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ


ファミマの中でセブンイレブンの品揃えは、一番美味しいと思っています。
美味しいモノの後は一服。
これがやめられません。
電子たばこ 販売館
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Categories

an ad

comment

リンク

book

search

mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

target

Ishida Futoshi

Author:Ishida Futoshi
答えは相手の中にある

そんな普通のことがわかりました

力だけでは相手を動かすことができません

だから北風と太陽

相手が動きたくなる状況を作ること

こんなことが大切なのかもしれません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。