FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

伊藤氏貴さん/Like a KIRIGIRISU/「コツコツ生きるアリさんより、好きなこと最優先のキリギリスの生き方もいいんじゃない」というチョット個性的な大学准教授の若者に対する提案です。

アリとキリギリス by DKJ

カンカン照りの真夏の道を、
アリさんたちが一列に、
ものも言わずに歩いています、

聞こえてきたのはバッハの5番
カンカン照りの陽をよけて、
葉陰で奏でるバイオリン、
結構上手なキリギリス。

「何をしてるの、こんな日に」
「ごらんのとおり、食べ物を 家まで運んでいるのです」
「そんなに食べきれないでしょう」
「そのうち寒い冬が来る 今から備えておかないと」

見送りながらもキリギリス
バイオリンをかまえては
気持ちよさそに♪♪♪♪♪


やがて北から風が吹き
葉っぱをはらはら散らしだす。

ふと気が付いたキリギリス
食べるものがなにもない!
おまけに雪まで降ってきた。

もてる力をふりしぼり
とぼとぼ歩いて辿り着く
アリさんたちの暮らす家
恥を忍んでノックする。

「お願いですから、少しでも 食べ物わけてくださいな」
「夏に遊んで暮らしてた 報いですから仕方ない」
「そんなことはおっしゃらず 情け深いと評判の アリさんだけが頼りです」

地べたにひれ伏すキリギリス
「そこまでするならしかたない 残り物なら持ってきな」

ほおりだされたパンくずに 涙を流すキリギリス
「何て優しいアリさんよ 御恩は一生忘れません」



もらったパンをポケットに
ニヤッと笑って 次なる家へ


お隣さんはパンくずを こんなに恵んでくれました
見栄っ張りのアリさんは 次々食べ物出してくる

家に帰ったキリギリス
一冬超すにはありあまる 食べ物前に高笑い

☆昔の人はよく言った 恥と頭はかきしだい!



さてここからが、始まりです。

痛んだパンでお酒を作り、「ギリス」の名前で売り歩く
甘くて、旨くて、ほろ酔い気分
アリさんたちに大人気
小遣い稼ぎを始めます。

ギリスはお酒の本を書き、会費を取ってセミナーも

遊んでいたから話題が豊富、あっという間に人気者
あっという間に小金持ち。

毎晩どこかのパーティーで
洒落で弾いてるバイオリン

ギリスのお酒は大評判
他の虫にも大人気

ギリスは会社を立ち上げて、アリさん使って大事業
素直で真面目なアリさんは
一生懸命酒造り

遊び上手なキリギリス
いろんな虫の社交場で 楽器片手に売り歩く
爆発的な大人気

気が付いた今大富豪

今日も遊びでバイオリン
楽しいことがテンコ盛り
次は何をしようかな

アリさんたちは召使い
社畜になって大奮闘
ギリスのお酒で憂さ晴らし



アリとキリギリス」といえば、「堅実さだけが将来の安心を保障する」という教訓ですが、はたして、現在の日本で、堅実は必ず保障や安全をもたらすのでしょうか?

「幸せな冬」は必ず来る、「真面目に働いていれば老後は安泰」といいますが、遠い将来の保障は現在の自由を捨てるほどの価値のあるものなのでしょうか?

今の高齢者は年金をもらえてよいかもしれませんが、これを読んでいる「あなた」!
老後は年金なんてありませんから!


別に、遊んで暮らすことを推奨しているわけではありません。
本質は、生真面目な若者が「こうしなければならない」という呪縛により「人生を誤ってしまうのであれば、考え方を変えて好きなこと最優先で生きてもいいんじゃない!」という提案です。



本書にはインタビューが収録されています。

zip桝太一さん 「何でアナウンサーになったのか」「泣いた話」
国際弁護士の湯浅卓さん 「サンマさんと出会って新しい自分を発見してもらった話」
その他、石川啄木さん 「働けど働けど楽にならず。そっと手を見る」なんて書いている人が、風俗三昧、借金し放題、人に迷惑かけ放題!

※それぞれのアリの人生・キリギリスの人生は本当に面白い!

※大事なことは自分の世界を作り、自分のストーリーで生きていくこと。

アリで生きるのもありかもしれません。
しかし、本当に大切なことは、自分が「やりたいことを自己責任でやる」こと。

自分で決断すれば後悔しない。

親や学校の先生に言われた、コツコツやっていれば必ず報われる
そんな洗脳に、そんな将来の不安に悩んでもしかたありません。





答えは簡単です

自分のやりたいことをやる。自分で決める

これだけです。

・・・それでも悩んじゃうんだろうな・・・ 


伊藤氏貴さん、若者の気持ちで読みました。大変面白かったです。

いつもありがとうございます。
是非ポチポチとお願いします。
伊藤さんの本、これは面白いですよ。


まだ読んでおりません・・・
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Categories

an ad

comment

リンク

book

search

mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

target

Ishida Futoshi

Author:Ishida Futoshi
答えは相手の中にある

そんな普通のことがわかりました

力だけでは相手を動かすことができません

だから北風と太陽

相手が動きたくなる状況を作ること

こんなことが大切なのかもしれません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。