FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

40過ぎの管理職の敵は情弱

20代のサラリーマンへ。
40歳以上の管理職の話を真に受けて聞いてはいけない理由をお話しします。

一億総中流、バブル満喫、デフレで骨抜き
おいしい思いをして、停滞期にサボっていた人たちが今の会社の管理職だったりします。
こんな人たちの刷り込みを真に受けてはいけません。



現代は多様性の時代、選択肢は無限にあります。
そのことに気付いていない大多数の人。
自分には掴み取ることができないなんて思っている人。
社畜になっちゃいますよ!

キーワードは「情報革命
現在は、産業革命以来最大と言われる大きな価値感の転換の真っ最中です。

そして日本では、40歳位を境にして、革命前の価値観の人と、革命後の価値観の人が混在して生きています。

苫米地英人さんが「ツイているとは知っていること」と言っています。
ホリエモンは塀の中で「情弱になるのが一番怖い」と言っています。

WEB・ソーシャル等の情報を活用する革命以後の人と、とそうでない40代以降の人。
哀しいかな、今の組織の管理職は、この40代以降の革命後の人々です。

彼らは、自分の過去の経験を基に「仕事、人生」を刷り込んできます。
革命前の情報の刷り込みを真に受けるのは百害あって一利なし。

過去の経験は失敗も成功もゴミ。
そのまま適用して上手くいくはずがありません。
ましてや価値観がどんどん変わり続けている。
40代以降の常識が全部間違いとは言いませんが、適切とは限りません。

目標とする上司の判断・技術は盗んででも身に着けた方が良いです。

しかしそれ以外の通常の指示・命令はどうすればいいのでしょうか?
これは、組織ですからまず従う。
しかし、頭の裏で「根拠・改善・そもそも必要か?」を考えて行動しましょう。

自分軸を持たず流されていると、あっという間に人生が終わってしまいます。

忙殺・思考停止でルーチンをこなしているだけの管理職の価値判断は、すぐに陳腐化します。
ましてや、情弱な上司の価値判断は直ぐにゴミ箱に行く運命にあります。

こんな人の意見を真に受ける必要性はありません。


こんなことを考えたのは、私が上記のような管理職だからです。
管理職になる人はそれなりに努力をしたのでしょう。
しかし、忙しさを理由に新しいことを吸収していかないと本当においていかれます(怖)
誰もが陥る罠なのです。
自分のやり方に自信がある人ほど新しいことを吸収しない傾向があるような気がします。


実は、立花岳志さんのブログ記事をみて感じたことです。

40代以降でWEB・ソーシャルを使いこなしている人は少数だと思います。
WEB・ソーシャルを活用して自己発信している人はさらに少数だと思います。

ましてやサラリーマン。
日々の業務で疲れ切り、何かしようなどと考える余地はありません。
そこから何か新しいビジネスを始める人など聞いたことがありません。

しかし、その多忙の流れに乗ってしまうとつまらない人生になることは明白です。
だから、40過ぎたらWEB・ソーシャル、楽しく生きていくための必須ツールです。

さっさと一抜けしよう(笑う)

【参考書籍】
「ツキ」を引き寄せる洗脳術~自分を磨き上げる秘密のメソッド34~
刑務所なう。
サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法

いつもありがとうございます
是非ポチ・ポチとお願いします。

にほんブログ村 本ブログへ



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Categories

an ad

comment

リンク

book

search

mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

target

Ishida Futoshi

Author:Ishida Futoshi
答えは相手の中にある

そんな普通のことがわかりました

力だけでは相手を動かすことができません

だから北風と太陽

相手が動きたくなる状況を作ること

こんなことが大切なのかもしれません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。