FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

メンタルを鍛えるには、問題を解決することから逃げないこと/豊田圭一さん

逃げるとは謝罪して許してもらうということ。
逃げないとは問題解決のために最後まで行動すること。

砂漠 by Fotoffigrafie


下記事例の場合、あなたはどんな判断・行動をしますか?

【事例】
留学サポート業を営むA社は、オーストリラリアの留学受入業者Bに20人分 2400万円の代金を振り込んだ。

その後、B社は倒産、支払代金は返還されず。
お客様(留学生側)とA社との契約書を確認するに、B社の倒産に関してA社は免責。

A社は資本金1000万の中小企業
あなたがA社の経営者だったら、どんな判断・行動をしますか?

【お客様の事実】
1. 楽しみにしていた留学ができなくなった。
2. 支払った費用が返ってこない。
3. 契約書に記載があるとはいえ納得できない。

【判断と行動/例】
1. 相手側企業が倒産した場合は免責であり、誠実にその旨話して許してもらう。
2. 強く申し立ててくるお客様に対しては、契約書を盾に対応
3. 弁護士対応or金銭解決

会社側の立場で物事を考えると、上記対応が浮かびます。
あくまで契約と考えれば通常の対応です。

【行動】
A社の社長は一軒一軒誠意をもって謝罪して回りました。
その中の一軒のお客様からこんなことを言われました。

子供
by BokehLover

豊田さん、今あなたがやるべきことは、路頭に迷っているお客様の留学先を探すことで、現地団体が潰れたからすみませんと口だけで誤って逃げることじゃないですよね」

しかし、新しい留学先を探すと言っても、それには時間も費用もかかります。
財政的な余裕がなかった私はとにかく「○○さんがおっしゃることはよくわかります。
しかし、今回の事態は私たちにも責任はなく・・・」と答え続けました。

そんな私に彼はこう言ったのです。
「豊田さんはさっきから、何度も『おっしゃることはよくわかります』と言っているけど、その言葉はとにかく今をしのごうと言うだけの言葉で、あなたはなにもわかってもいないし、わかろうともしていないですよね。
逃げているだけですよ」と。

そして、続けて「あなたは会社の経営者として、本当にこれでいいと思ってやっていますか?
今はいったん電話を切るので、もう一度考えたうえで連絡貰えますか?」とおっしゃったのです。

【気づき/創作】
これはオーナー経営者でなければ判断できません。
企業を存続させ雇用を確保することは経営者の責務です。
企業の存続にかかわる判断、行動することで明らかに実損が発生する判断

「道義的責任」と「企業存続」を天秤にかける。
「お客様の気持ち」と「社員の雇用」を天秤にかける。

お客様から罵声を浴びても、泥をかぶっても会社を守るという考え方があります。
しかし、そもそも何のために会社を立ち上げたのだろう。
留学する人たちが安心して楽しく海外で勉強するための道筋を付けるため
そのために努力してきた。

断るという判断は、そもそも会社を立ち上げた時の趣旨に反する!

よし!
豊田さんは、違う決断をしました。

新規、ホームスティ先を探すということ。

いくつかのオーストラリアの州政府教育省に連絡し「資金は当社が負担するので、緊急で留学生の受け入れを確保してほしい」と交渉

無事、200名の高校生留学者の留学先を決めることができました。

確かに銀行借入金を全額使ってしまい、さらに経営は厳しくなりましたが、本当にお客様から感謝されました。

カッコつけただけですが、もしこの判断をしなければ、一生後悔したと思います。
この問題から逃げないことで、真正面からぶつかることで、
迅速に行動したくなります。
アイデアがどんどん湧いてきます。
周りのみんなが助けてくれます。

「問題から逃げないで解決する」と決め行動すると、凄く成長できるのです。

大きな問題を解決できたという自信になります。
結果、小心者のわたしが、気がつくとメンタルに強くなっていたということです。


 
この本のP60「逃げない勇気が思考をポジティブに変える」を読んだら、共感しイメージを膨らませてしまいました。

大きな問題の時だけでなく、小さな問題ほど逃げないで自分の責任で問題解決する癖をつける。
小さいことができなければ、大きなことはできません。

と自分に言い聞かせている今日この頃です(笑う)

豊田さんありがとうございました。
いつもありがとうございます。
是非ポチ・ポチとお願いします。

にほんブログ村 本ブログへ



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Categories

an ad

comment

リンク

book

search

mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

target

Ishida Futoshi

Author:Ishida Futoshi
答えは相手の中にある

そんな普通のことがわかりました

力だけでは相手を動かすことができません

だから北風と太陽

相手が動きたくなる状況を作ること

こんなことが大切なのかもしれません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。